岐阜県・珍しい苗字ランキング

岐阜県で最も多くある苗字は、「加藤」で、2位以下は、順に「伊藤」「山田」「林」「渡辺」となっています。
一般に「藤」がつく苗字は、平安時代末期から鎌倉・室町時代にかけての「藤原氏」に関係すると言われていますので、ランキングの上位に来ることも多くなるようです。

rapture_20131209172902

逆に、岐阜県の珍しい苗字には、「日江井」「間」「余語」などがあります。

まず、「日江井」は「ひえい」と読む苗字です。樋江井さんと同じように岐阜県美濃が起源であるとされています。岐阜県内では美濃加茂市鉢屋町に「日江井」という苗字が多く見られます。

次に、「間」という苗字は、「あいだ」「かん」「けん」「とい」「はざま」と読まれる苗字です。一般に「間」という苗字は、山や谷・川などの自然に存在している地形の間の土地、を指していることが多く、岐阜県以外にも滋賀県や高知県などで見られる苗字になります。

また、「余語」という苗字は、「よご」と読みます。岐阜県で多く見られる苗字ですが、そのルーツは「近江国伊香郡余語庄(現在の滋賀県)」であるとされています。
また、東京都や神奈川県埼玉県などでも「余語」という苗字が見られますが、この場合は「小さな集落」のことを意味するそうです。

free space


最近の投稿