三重県・珍しい苗字ランキング

三重県で多く見られる苗字には、「伊藤」「山本」「中村」などがあります。また、三重県の特徴は、「藤原」という苗字がとくに多く、「水谷」「中西」「稲垣」という苗字も三重県を中心としたものです。

rapture_20131209173036

逆に三重県でみることができる、珍しい苗字については、「崎久保(さきくぼ)」「西世古(にしせこ、にしぜこ)」「二之湯(にのゆ)」などがあります。

「崎久保」という苗字は、三重県南部にある「紀伊」を起源とするものです。現在では、南牟婁郡御浜町下市木に集中して見られる苗字となっています。

次に、「西世古」という苗字は、現在の三重県、伊勢国度会郡世古村を起源とするものになります。「西世古」の由来については諸説あり、はっきりとしたことは分かっていないようです。

最後に、「二之湯」という苗字は、三重県の中でも員弁郡員弁町宇野で多く見ることができます。
現在の三重県である「伊勢」を起源にする苗字であるとされ、温泉がでることでつけられた苗字といわれています。
三重県には、他にも「上ヱ地(うえじ)」「肥満(ひまん)」「天春(あまかす)」「強力(ごうりき)」など、珍しい苗字を見ることができます。
そして、三重県には東日本によくある苗字、西日本によくある苗字が混在している点にも特徴があると言えます。

free space


最近の投稿