石川県・珍しい苗字ランキング

石川県の苗字では、「山本」「中村」「田中」など、他の都道府県でも多く見られる苗字が上位にランキングされています。

石川県の苗字の特徴は、「前田」ではなく「毎田」「前多」と表記していることが多く、これは、前田利家が尾張から加賀に来たときに改姓したものであるとされています。

rapture_20131209174806

石川県の珍しい苗字には、他にも「保志場」「多々見」「生水」などがあります。

「保志場(ほしば)」という苗字は、羽咋市粟生町に多く見られる苗字ですが、「干場(物を乾燥させる場所)」が起源となっているようです。

また、「多々見(たたみ)」という苗字は、その起源が明確になっていません。石川県以外に香川県でも多く見られる苗字ですが、加賀を起源にしているのではないかとされています。

「生水(いずい、しょうず、おみず)」という苗字は、現在の石川県、加賀国江沼郡生水村が起点になるものです。水がきれいである、この地の特徴を表現した苗字となります。
石川県には「生水」だけでなく、「水道」「清酒」など、水に関連する苗字が多く見られる点に特徴があります。

他にも、「四十万谷(しじまや)」「日明(たちもり)」「髭右近(ひげうこん)」など、珍しい苗字を見ることができる地域になります。

free space


最近の投稿