福井県・珍しい苗字ランキング

福井県に上位にランキングされている苗字は、「田中」「山本」「吉田」の順になります。
福井県に限らず、北陸地方の苗字は「自然に関連するもの」が多い、「松田」と表記して「まった」と読む場合がある点に特徴があります。

rapture_20131209174629

また、福井県で見られる珍しい苗字には、「伊地知(いじち)」「三留(みとめ、等)」「三ツ屋(みつや)」などがあります。

「伊地知」という苗字は、現在の福井県勝山市、越前国大野郡伊地知村を起源とするものです。鹿児島県でも多く見られる苗字ですが、伊地知の領主が室町時代に大隅国(鹿児島県)に移住したことがきっかけとなります。

次に「三留」という苗字は、現在の福井県福井市三留(越前国丹生北郡三留)を起源とする苗字になります。朝倉孝景の七男、朝倉景儀の長男が「三留」を名乗ったことが、この苗字の始まりになります。

そして「三ツ屋」という苗字は、現在、福井県福井市に多く見られます。越前国吉田郡三ツ屋村が起源となる苗字ですが、新潟県にも見られる苗字となります。
また、福井県には、これ以外にも「仕入(しいれ)」「臥龍岡(ながおか)」「明珍(みょうちん)」「髭分(ひげぶ・ひげわけ)」など、珍しい苗字を見ることがあります。

free space


最近の投稿