山梨県・珍しい苗字ランキング

山梨県に多く見られる苗字は、「渡辺」「小林」「望月」などがあります。「望月」という苗字は、信濃国佐久郡望月を起源とするもので、信濃の古代豪族の流れをくむものであるとされています。

rapture_20131209172959

逆に、山梨県らしい珍しい苗字には、「神宮寺」「壷屋」「倉科」などがあります。

「神宮寺(じんぐうじ)」は、現在の山梨県甲斐が起源の苗字です。清和天皇の子孫である「清和源氏」が「神宮寺」という苗字を使い始めたと言われています。

また、「壷屋」という苗字を山梨県で見ることがありますが、本来は、大阪府・兵庫県の一部である摂津国の氏族が使用していたものです。現在では、山梨県北巨摩郡須玉町若神子に多数みられる苗字ですが、職業が元になっている苗字になります。

そして、「倉科(くらしな、くらなし、くらとし、くらか)」という苗字は、現在の山梨県、甲斐国山梨郡倉科村を起源とするものです。「倉科」という苗字は、山梨県だけでなく長野県でも見られますが、清和天皇の子孫と関係のある苗字、とされています。

他にも、山梨県には「貴家(さすが)」、「流石(さすが)」、「名執(なとり)」、「湯船(ゆぶね)」、「鷹左右(たかそう)」など、珍しい苗字が多く見られます。

free space


最近の投稿