長野県・珍しい苗字ランキング

長野県の上位にランキングされる苗字は、「小林」「田中」「中村」の順になります。
他の都道府県と異なっているのは、「小林」という苗字がとくに集中してみられる点です。

長野県の苗字の特徴は、地理的なことに由来する「沢」の字が付いたものが多いことです。

rapture_20131209174629
逆に、長野県でみられる珍しい苗字には、「笹平(ささひら、ささだいら)」「刺刀(しとう)」「長名(おさな)」をあげることができます。

まず、「笹平」という苗字は、現在の長野県、信濃国水内郡笹平村を起源とするものです。鹿児島県にも「笹平」という苗字が見られますが、笹のある平坦な地形を現わしたものと考えられます。

また、「刺刀」は「刀を刺す」と表記しますが、一般には「地頭(鎌倉・室町時代の公領を管理する職)」から来るものと考えられています。
全国に30件程度しかない苗字ですが、職名に由来する、非常に珍しい苗字になります。

そして、「長名(おさな)」という苗字は、現在の長野県・越後国を起源とするものです。「長(おさ)」は、筆頭者・リーダーであることを意味する字ですので、何らかの役職に由来する苗字であると考えられます。

他にも長野県には、「善財(ぜんざい)」「砥石(といし)」「昼神(ひるがみ)」などの珍しい苗字を見ることができます。

free space


最近の投稿