新潟県・珍しい苗字ランキング

新潟県の苗字ランキング・上位に登場するのは、「佐藤」「渡辺」「小林」など、他県と同じような苗字になります。

rapture_20131209173055

逆に、新潟県らしい苗字には、「味方」「久保埜」「渡部」などがあります。

まず、「味方(あじかた)」という苗字は、新潟県西蒲原郡を起源とする苗字です。「味」は味覚の「味」を表現するものではなく、本来、くずれた土地を表現する字になります。「味」という字が付く苗字は、新潟県だけでなく、神奈川県・北海道にも見られるものです。

次に、「久保埜(くぼの)」という苗字は、久保野と同じく、新潟県西頸城郡名立町瀬戸に多く見られる苗字です。「久保」は窪地を現わし、「埜(野)」は広い土地であることを意味するものです。

そして、最後の「渡部」は、全国的にも多く見られる苗字ですが、新潟県では「わたなべ」ではなく「わたべ」と読むケースが多くなります。「渡部」を「わたべ」と読むのは、新潟県の他に東京都でも多くなります。
「渡部」という苗字は、「渡辺」と起源を同じくし、朝鮮半島から渡来してきた部族であるとされています。

新潟県には、これらの珍しい苗字以外にも「五十山田(いかいだ)」「日馬(くさま)」「飯酒盃(いさはい)」「日馬(くさま)」「捧(ささげ)」など、個性的な苗字を見ることができます。

free space


最近の投稿