熊本県・珍しい苗字ランキング

熊本県で上位にランキングされる苗字には、「田中」「中村」「松本」などがあります。
一見、際立った特徴がないようにも感じますが、熊本県には「井(い)」「紀(き)」など、表記も読みも1字である、極端に短い名前が多いことも特徴となります。

rapture_20131209173055

また、「小山」と書いて「おやま」と読んだり、「上村」を「うえむら」と読むなど、他の都道府県と異なる読みがあることも特徴的です。

そのような熊本県に見られる珍しい苗字には、「加世田(かせだ、かせた)」「宇ノ木(うのき)」「柚留木(ゆるき、ゆるぎ)」などがあります。

「加世田」は、現在の鹿児島県にあたる「薩摩国川辺郡加世田」が起源になるものです。「加世」は「痩せた土地」を意味するもので、土地の特徴が苗字になったものであることが分かります。

次に「宇ノ木」という苗字は、「鵜ノ木」「卯ノ木」と表記されることもありますが、すべて筑後地方(現在の福岡県)を起源とするものです。
広大な土地と沼や河川がある地域で見られる苗字になります。

そして、「油留木」とも表記される、「柚留木」については、熊本県下益城郡砥用町で見られる苗字です。
起源については明らかではありませんが、現在の滋賀県を起源とするという説もあるようです。

free space


最近の投稿