宮崎県・珍しい苗字ランキング

宮崎県で上位にランキングされる苗字は、「黒木」「甲斐」「河野」になります。
他の都道府県に多く見られる苗字とは異なり、宮崎県東臼杵郡美郷町北郷区を起源とする、「黒木」という苗字が圧倒的に多い地域です。

rapture_20131209173036

これに対して、宮崎県の珍しい苗字には「内枦保」「下り藤」「比恵島」などがあります。

「内枦保(うちへぼ)」は、日向を起源にするといわれている苗字ですが、都城市で多く見られます。「内」は内側の土地を現わし、「枦」は、ウルシ科のハゼノキを現わしたものです。

また、「下り藤(さがりふじ)」は、小林市東部で多く見られる苗字です。「下り」は高低差のある土地のふもとを現わし、「藤」は藤や葛があったことを示しています。

そして、「比恵島(ひえじま)」は、宮崎郡佐土原町上田島で見られる苗字です。一般に「比恵」は神様を表現するものであり、「島」は一定の小さな地域を表現するものです。
つまり、神様の存在する小さな集落にいた人々が「比恵島」と名乗り出したのが起源ではないかと考えられています。

宮崎県には、他にも「男成(おなり)」「京牟礼(きょうむれ)」「砂糖元(さとうもと)」「五六(ふのぼり)」など、珍しい苗字が多くある地域になります。

free space


最近の投稿