佐賀県・珍しい苗字ランキング

佐賀県に多く見られる苗字は、「山口」「田中」「古賀」などになります。
佐賀県は、長崎県とともに肥前国であったことから、苗字の特徴が長崎県と似ている、という特徴があります。
また、佐賀県の苗字には「田中丸」「市丸」など「丸」で終わる苗字が多くありますが、大きな屋敷を持つ名家であることが多くなります。

rapture_20131209172939

佐賀県に見られる珍しい苗字には、「中元寺(ちゅうがんじ)」「三井所」「多以良」などがあります。

「中元寺」という苗字は、佐賀県に多く見られるものですが、本来は、大分県北部にあった「豊前国田川郡中元寺村」を起源とするものです。

また、「三井所」という苗字は、佐賀県の中でも神埼郡に多く見られるものです。

そして、「多以良」という苗字も佐賀県に多く見られますが、「多々良(たたら)」と同様に佐賀県らしい苗字であると言えます。

また、佐賀県だけに多く見られる苗字に、「副島」「大串(おおぐし)」「横尾(佐賀・長崎県)」などがあり、地域によって特有の苗字が集中していることも珍しくありません。

他にも、「合六(あいろく)」「蘭(あららぎ)」「黒髪(くろかみ)」「袈裟丸(けさまる)」など、とても珍しい苗字が多く見られる地域であると言えます。

free space


最近の投稿