鹿児島県・珍しい苗字ランキング

鹿児島県で多く見られる苗字には、「中村」「山下」「田中」などがあり、他の都道府県と大きく異ならない内容になります。
鹿児島県の苗字の特徴は、他の都道府県が「本」と書くところを「元」と表記していること、たとえば、「山元」「福元」「坂元」などです。
また、上位5位に「東」という苗字があるのも、珍しい特徴となっています。

rapture_20131209172928

逆に鹿児島県で見られる珍しい苗字には、「諏訪園(すわぞの)」「中塩屋(なかしおや)」「嶽(たけ、だけ等)」などがあります。

「諏訪園」という苗字は、薩摩を起源とする苗字で、現在の鹿児島県、薩摩地域で多く見ることができる苗字です。「園」とつく苗字が多いのも、鹿児島県の苗字の特徴となっています。

次に「中塩屋」という苗字は、大隅を起源とすると言われているものです。現在では、鹿児島県鹿屋市(かのやし)に多く見られる苗字ですが、職業から付けた苗字であると推測できます。

最後に「嶽」という苗字は、現在の鹿児島県(薩摩国日置郡嶽村)を起源とするものです。鹿児島県揖宿郡に多く見られる苗字ですが、岩の多い地域を現わしているものです。

他にも「幸福(こうふく)」「素麺(そうめん)」など、鹿児島県には珍しい苗字が多くあることが確認できます。

free space


最近の投稿