大分県・珍しい苗字ランキング

大分県に多くある苗字は、「佐藤」「後藤」「河野」になります。
大分県は、かつて源義経に味方した緒方家の領地を源頼朝に没収されています。その結果、関東の御家人に土地を支配されることになり、東日本に多くある苗字の人が多くなります。

rapture_20131209174650

また、大分県で珍しい苗字には、「轟」「太郎良(たろうら)」「瓜生田(うりうだ)」などがあります。

福岡県の一部を含む豊前で多く見られる、「轟(とどろき)」という苗字があります。
「轟」の起源は明確になっていませんが、「雷の多く発生する場所」について「轟」という漢字をあてているものと考えられています。

次に、「太郎良」という苗字については、正確な起源が分かっていませんが、「太郎」という人の名前に由来するものであると考えられています。
また、大分県だけでなく、福岡県にも「太郎良」という苗字が多いようです。

そして、「瓜生田」という苗字は、現在の大分県、豊後国大分郡瓜生田村を起源にもつものです。
大分県内だけでなく、兵庫県神崎郡にも多く見られる苗字となります。
また、大分県には「久多良木(くたらぎ)」「熊埜御堂(くまのみどう)」「小犬丸(こいぬまる)」「肉丸(にくまる)」など、とくに珍しい苗字が多いことも特徴となります。

free space


最近の投稿