長崎県・珍しい苗字ランキング

長崎県で最も多い苗字は「山口」です。「田中」「中村」と続きますが、「佐藤」や「鈴木」は10位以内にランキングされていません。
「山口」という苗字は、かつて「やまのくち」と読まれていたもので、佐賀県、長崎県に非常に多い苗字になります。

rapture_20131209174616

また、長崎県には珍しい苗字も多くあり、「須加崎」「空閑(くが、くか等)」「姉川(あねかわ、あねがわ)」などをあげることができます。

「須加崎」という苗字は、現在、長崎県佐世保市に多く見られる苗字ですが、肥前を起源にしているとされています。

また、「空閑」という苗字は「久我」「玖珂」などと表記されることもありますが、主に大村藩のあった地で使われている苗字になります。この苗字は、長崎県だけでなく、佐賀県や福岡県でも見ることができるものです。

そして、「姉川」という苗字は、現在の佐賀県神埼郡にあたる、「肥前国神崎郡姉川村」が起源であるとされています。
また、長崎県には、「七種(さえぐさ)」「舎利倉(しゃりくら)」「毎熊(まいぐま)」「嬉野(うれしの)」など、珍しい苗字が多くあります。
そして、「姉川」「嬉野」など、佐賀県の地名に由来する苗字も多くある点に特徴があります。

free space


最近の投稿