福岡県・珍しい苗字ランキング

福岡県で多く見られる苗字には、「田中」「中村」「古賀」などがあります。
なかでも「古賀」という苗字は、福岡だけでなく隣県である佐賀県でも上位に登場するものとなります。

rapture_20131209173036

逆に、福岡県で見られる珍しい苗字については、「五郎丸(ごろうまる)」「稲員(いなかず)」「興梠(こうろぎ、こうろき等)」などがあります。

「五郎丸」という苗字は、福岡県、山口県、広島県でも見られますが、福岡県北部にあった「筑前国那珂郡五郎丸」を起源とするものです。
「丸」というのは、この地域の特徴的なネーミングによるもので、「五郎」というのは「ゴロゴロ」を「五郎」と表現したものです。
つまり、石や岩などがゴロゴロしている地域なので、「五郎丸」としたのが苗字の由来です。

次に、「稲員」という苗字は、福岡県八女郡広川町で多く見られる苗字です。福岡県南部の「筑後国高良山社家」が起源であるとされていますが、詳細なことは分かっていないようです。

最後に、「興梠」という珍しい苗字を見ることができます。「こうろぎ」と読む場合もありますが、本来の由来は「神霊の宿る木」という意味になります。

福岡県では、これら以外にも、「不老(ふろう)」「波呂(はろ)」「無敵(むてき)」など、珍しい苗字を見ることができます。

free space


最近の投稿