京都府・珍しい苗字ランキング

京都府に見られる苗字で上位にランキングされているのは、「田中」「山本」「中村」などになります。
京都府は、歴史上の建物も多くあり、珍しい苗字が多くあると思われがちですが、オーソドックスな苗字がほとんどになります。

rapture_20131209173017

京都府で珍しいとされる苗字では、「橋(はし)」「舌(ぜつ)」「佐田(さた、さだ)」などがあります。

まず「橋」という苗字は、現在の大阪府南西部にルーツをもつものです。「橋本」など、橋の付く苗字は、商業・政治において重要な拠点であることを示すもので、そこに住んでいた人に与えられた苗字であることが多くなります。

また「舌(ぜつ)」という苗字も見られますが、京都市左京区にある貴船神社の神官が利用しだしたものです。人間は、舌によって重要なことを説くこともできる一方、災いをもたらすこともある、というのが由来になるそうです。

最後に、「佐田」という苗字は、「狭い田んぼ(狭田)」が由来となっている苗字で、京都府以外の都道府県でも見ることがあります。
一般に清和天皇を祖先に持つ苗字であるとされているものです。

他にも、京都府には「六人部(むとべ)」「物集女(もずめ)」など、いくつかの珍しい苗字を見ることができます。

free space


最近の投稿