兵庫県・珍しい苗字ランキング

兵庫県に多く見られる苗字には、「田中」「山本」「井上」などがあります。
しかし、兵庫県は、かつて摂津・但馬・播磨・淡路・丹後の5つの国が存在していたことから、兵庫県に特徴的な苗字というのは少なくなります。

rapture_20131209172707

兵庫県で見ることができる珍しい苗字には、「前(まえ、すすめ、すすむ等)」「冨士原(ふじはら、ふじわら)」「宇野」などがあります。

「前」という苗字は、兵庫県だけでなく、広島県や和歌山県でも見ることができるものです。
一般に「前」という苗字は、物の位置関係を現わすもので、隼人族(薩摩半島に居住していた一族)が用いていたものです。

また、「冨士原」という苗字は、「藤原」の異形であると考えられます。藤原鎌足が天智天皇から賜ったことが起源になりますが、現在では、兵庫県だけでなく宮城県にも多く見られる苗字になります。

そして、「宇野」という苗字は、播磨国佐用郡宇野郷(兵庫県佐用郡佐用町)を起源とするものです。
「宇」という字は、広大な広さを表現するもので、「野」は野原という意味になります。つまり、「宇野」という苗字は、大きなの腹のある土地、という意味が由来となっているものです。

他にも、兵庫県では「円満堂(えんまんどう)」「不死原(ふじわら)」「松姫(まつひめ)」などの珍しい苗字を見ることができます。

free space


最近の投稿