滋賀県・珍しい苗字ランキング

滋賀県には、「田中」「山本」「中村」などの苗字が上位にランキングされています。滋賀県の苗字の特徴は、「藤井」「松井」ではなく「居」を用いた「藤居」「松居」などの苗字が多く見られる点です。

rapture_20131209172939

逆に滋賀県で見られる、珍しい苗字には「巽(たつみ、すぶる等)」「洞(ほら、ほこら)」「善利(ぜんり)」などがあります。

「巽」は、東南の方角を現わす漢字ですが、かつて、軍事・刑罰を担当した物部の伴造が起源になっているとする説が有力になります。滋賀県だけでなく、和歌山県・三重県・大阪府などでも多数みられる苗字になります。

次に「洞」という苗字は、漢字の意味のとおり、「穴のあいている場所、掘られた場所」を意味するもので、滋賀県だけでなく和歌山県でも見ることができる苗字になります。

最後に「善利」という苗字は、現在の滋賀県、近江国犬上郡善理庄を起源とするものです。足利氏の末裔であるとされますが、「足(=悪し)」を連想することから「善」に置き換え、「善利」という苗字が出来たとされています。

滋賀県には、他にも「疋田(ひきた)」「犬童(いぬどう)」「八耳(やつみみ)」「明保野(あけぼの)」「有馬殿(ありまでん)」など、珍しい苗字が多く見ることができます。

free space


最近の投稿