和歌山県・珍しい苗字ランキング

和歌山県に多い苗字は、「山本」「田中」「中村」などになります。

和歌山県らしい苗字には、「玉置」「榎本」「湯川」などがあり、珍しい苗字に「笹(ささ)」「山根木」「神風」をあげることができます。

rapture_20131209172959

「笹」という苗字は、宇多源氏を起源にもつもので、和歌山県だけでなく、三重県や東北地方などでも見ることがあります。

また、「山根木」という苗字は、和歌山県伊都郡かつらぎ町に集中して見られ、大きな木の根が存在していたことが由来となります。
正確な苗字の由来は分かっていませんが、紀伊を起源とするのではないかとされている苗字になります。

そして、和歌山県には「神風」という珍しい苗字があります。
風の神様の伝説がある地域、特徴的な風の吹き方がある地域であることが由来となります。この苗字は、和歌山県だけでなく、愛知県・秋田県にも見られます。
和歌山県・愛知県・秋田県のどれが起源となっているか、という議論もありますが、それぞれ独立して生まれた苗字であるとする見方が有力になります。

和歌山県には、このように珍しい苗字がありますが、これ以外にも「恋中(こいなか)」「毘舎利(びしゃり)」「鳴神(なるかみ)」など、多くの珍しい苗字を見ることができます。

free space


最近の投稿