奈良県・珍しい苗字ランキング

奈良県で多く見られる苗字には、「山本」「田中」「吉田」などがあります。関西地区に共通していえることですが、「山本」「田中」が多く、「佐藤」「鈴木」が少ないのが特徴的です。

rapture_20131209174650

また、奈良県で見ることができる珍しい苗字では、「脇(わき)」「室(むろ、むろまさ、しつ等)」「南出(みんで、みなみで、みないで)」などをあげることができます。

まず、「脇」という苗字は、藤原氏をルーツにもつ苗字になります。
「脇」という漢字だけでなく、「和気」「和木」などとなっていることもありますが、その起源は「脇」と同じものとなります。

また、「室」という苗字も、奈良県で見ることができる珍しい苗字です。「室」についても、藤原氏をルーツにもつ苗字で、藤原鎌足が天智天皇から賜ったことが起源となります。

最後は「南出」という苗字です。奈良県でよく見かける珍しい苗字ですが、その起源は、現在の大阪府(和泉国大鳥郡南出村)になるとされています。
これ以外にも、後醍醐天皇が吉野に逃亡したことをきっかけとする「王隠堂(おういんどう)」を始め、「米虫(こめむし)」「曽路利(そろり)」「西隠居(にしいんきょ)」などの珍しい苗字があります。

free space


最近の投稿