茨城県・珍しい苗字ランキング

茨城県で上位にランキングされる苗字には、「鈴木」「佐藤」「小林」などがあります。
茨城県の苗字の特徴は、「倉持」「飛田」「寺門(てらかど)」などの苗字が多く、「小島」と書いて「おじま」と読むことなどです。

rapture_20131209172748

茨城県でみかける珍しい苗字には、「百目鬼(どうめき、どめき等)」「朝比奈(あさひな、あひな)」「額田(ぬかだ)」などがあります。

「百目鬼」という苗字は、茨城県や栃木県で見られる苗字で、水の流れる音、馬車が進むときの音に由来するものです。また、「百目鬼」は「百目木」と表記されることもありますが、起源や由来は同じであるとされています。

次に、静岡県にも多く見られる「朝比奈」という苗字が見られます。本来、朝日がよくあたる、明るい土地であることを現わしている苗字ですが、青森県・静岡県にも朝比奈という地名が残されています。

また、「額田」という苗字は、清和源氏・藤原氏を起源に持つ苗字になります。
「ぬかだ」というのは、「ぬかるみのある田んぼ」を意味するもので、田んぼを管理する地方豪族が「額田」という苗字を利用していたのが始まりです。

他にも茨城県には、「斗南(となみ・となん)」「小豆畑(あずきばた)」「川鈴木(かわすずき)」など、珍しい苗字があります。

free space


最近の投稿