群馬県・珍しい苗字ランキング

群馬県で多くある苗字の上位には、「高橋」「小林」「佐藤」「新井」「清水」などがあります。一般に「新井さん」「清水さん」という苗字が上位にくるイメージがないのですが、群馬県には多くあることが確認できます。

rapture_20131209172707

そして、群馬県の珍しいほうの苗字には、「贄田」「築比地」「薊」とありますので、順に確認してみたいと思います。

まず、「贄田」という苗字は、「にえだ」と読みます。大和朝廷の時代に軍事・警察の職に「物部」がありますが、その中の「贄田物部」を祖先に持つ苗字が「贄田」ということになります。
この苗字は、群馬県だけでなく、埼玉県比企郡滑川町などでも見られます。

次に、「築比地(ついひじ)」という苗字は、千葉県北部の「下総国葛飾郡築比地村」が、その起源となります。群馬県でよく見られる苗字ですが、起源となっているのは千葉県の地域名になります。

また、「薊(あざみ)」という苗字は、群馬県だけでなく、埼玉県や東京都でも見られます。薊は、キク科・アザミ属の多年草の総称ですが、紫色の美しい花でもあります。かつて天地天皇が藤原鎌足に苗字として与えたことが起源であると言われています。

このように、苗字は、地名だけでなく、職業が起源となっていたり、かつての天皇が与えたことが起源になることもあります。

free space


最近の投稿