神奈川県・珍しい苗字ランキング

神奈川県の苗字は、東京都と同じく、際立った特徴は少ないといえます。上位に来る苗字は、「鈴木」「佐藤」「高橋」で、全国的な傾向と変わりません。

rapture_20131209174815

逆に、神奈川県らしい苗字では、「秦野」「土井田」「大仏」をあげることができます。

まず、「秦野(はたの、はだの、たいの等)」という苗字は、相模国餘綾郡波多野村が起源となる苗字です。「野」は、広大な土地を現わすのもので、本来、藤原鎌足が天智天皇に賜ったことで使われ始めた苗字になります。

2つ目の「戸井田」という苗字が武蔵国荏原郡(現在の神奈川県)にあった有名氏族によるものであることは有名です。神奈川県だけでなく、東京都や埼玉県にも多い苗字になります。

そして、最後の「大仏」は、通常、「だいぶつ」ではなく「おさらぎ」と読む苗字です。現在では、神奈川県藤沢市、神奈川県茅ケ崎市に数件しかない苗字になります。
「大仏」は、大仏のような山の形状を現わすもので、北条時政の三男、時房を祖とする苗字です。

また、件数は少ないものの、神奈川県の苗字には、「芥生(あざみ)」「安居院(あぐい)」「若命(わかめ)」「一寸木(ちょっき・ますき)」「三廻部(みくるべ)」など、個性的なものが見られます。

 

free space


最近の投稿