栃木県・珍しい苗字ランキング

栃木県の苗字で上位にランキングされているのは、
1位:鈴木
2位:渡辺
3位:佐藤
4位:小林
5位:高橋
の5つになります。一般に「佐藤」という苗字が最も多いとされていますが、栃木県では「鈴木さん」「渡辺さん」が上位に来ているようです。

rapture_20131209173114

逆に、栃木県内で珍しいとされる苗字には、「鯨」「田部田」「三本木」などがあります。

まず、「鯨(くじら)」は、海にいる哺乳類の「鯨」のことですが、栃木県は海のない県ですので、起源は「茨城県下妻市鯨」ではないかとされています。
鯨が乗り上げたことがある浜がある、あるいは、鯨の形に似ている丘があることが、起源ではないかと考えられています。
栃木県内では、河内郡上三川町で「鯨」という苗字が多く見られます。

次に、「田部田(たべた)」さんという苗字も、栃木県でみることができます。
「田部田」という苗字は、栃木県の中でも、足利市に多くあります。
この苗字は、「多部田」と表記することもあるものですが、どちらも千葉県北部の氏族が起源となっているようです。

また、「三本木(さんぼんぎ、さんぼんき、さんもとき、みもとぎ、みほんぎ)」という苗字も珍しいですが、新潟県・福島県でも多く見られる苗字です。
新潟県の「越後国蒲原郡三本木村」という地域名が由来となるもので、天地天皇が藤原鎌足に与えたことが始まりになります。

free space


最近の投稿