岩手県・珍しい苗字ランキング

岩手県で多く見られる苗字には、「佐藤」「佐々木」「高橋」などがあります。岩手県全体の苗字の特徴は、「蝦夷(こん一族)」がいたことから、「こん」で始まる「今野」「金野」「金」などの苗字が多いことです。

rapture_20131209172959

逆に岩手県にある珍しい苗字には、「田中館」「鳥屋部」「苅間沢」などがあります。

「田中館(たなかだて)」は、福島県・宮城県・青森県にも見られる苗字ですが、陸奥国二戸郡田中館村が起源となる苗字です。
「田」は田んぼや畑を、「中」は中心となっていることを示しています。

次に「鳥屋部(とりやべ)」は陸奥国三戸郡鳥屋部村を起源とする苗字ですが、岩手県遠野市を中心に福島県・宮城県・青森県などでも見られる苗字です。

そして、「苅間沢(かりまざわ)」という苗字は、岩手県南東部で見られる苗字です。「沢」は沢のある地形を現わし、「苅」は稲一束がかりとれる面積を現わしています。
つまり、沢のある小さな面積の集落を起源とする苗字が「苅間沢」ということになります。

岩手県には、「金田一(きんだいち)」「去石(さるいし)」「杣沢(そまざわ)」「中軽米(なかかるまい)」「虫壁(むしかべ)」など、珍しい苗字が多くある点に特徴があります。

free space


最近の投稿