秋田県・珍しい苗字ランキング

秋田県に多く見られる苗字には、「佐藤」「高橋」「佐々木」などがあります。
秋田県の苗字の特徴は、全県民の8%ほどが「佐藤さん」であるほど、「佐藤」という苗字が多いことです。
また、苗字に「谷」がつくことが多く、「○○屋」という屋号が由来となっている苗字が多くあります。

rapture_20131209172718

次に、秋田県でみられる珍しい苗字には、「宇沼(うぬま)」「布袋屋(ほてや、ほていや)」「曲田(まがりた、まがりだ)」などがあります。

「宇沼」は、「鵜沼」となっていることもあり、「鵜」に関わりのある職業、あるいは地名が由来となっているものです。秋田県だけでなく、岩手県や宮城県などでも見られる苗字になります。

また、「布袋屋」という苗字は、秋田県大館市に多く見られる苗字ですが、職業からつけられたものと推測できます。
一般に「谷」という字をあてるのが秋田県の特徴ですが、「屋」のまま使用されている点に特徴があります。

最後は「曲田」という苗字です。土地の形状を現わした苗字であると考えられていますが、秋田県だけでなく、福島県、岩手県、青森県にも見られるものです。

他にも、秋田県には「留目(とどめ)」、「茄川(なすかわ)」、「明珍(みょうちん)」など、珍しい苗字が多くあることが分かります。

free space


最近の投稿