山形県・珍しい苗字ランキング

山形県に多い苗字は、「佐藤」「高橋」「鈴木」などになります。比較的、他の都道府県と同じような構成になりますが、珍しい苗字が多いのも特徴になります。

rapture_20131209173055

山形県で珍しい苗字といえば、「監物(かんもつ、かんもの、けんもつ等)」「男鹿(おが、おか等)」「磯(いそ)」などをあげることができます。

まず、「監物」という苗字は、中臣鎌足が転地天皇から賜ったとされる苗字になります。現在でいう出納係(監物)の職に就いていた人が利用していた苗字です。

また、「男鹿」という苗字は、山形県ではなく、秋田県南部の羽後国秋田郡男鹿が起源になります。秋田県から山形県にかけて見られる苗字ですが、丘であることが由来となります。
つまり、丘であることに「男鹿」を当てたのが、この苗字の由来になります。

最後に、「磯」という珍しい苗字があります。山形県でも「磯」という苗字が見られますが、本来は、古代磯部の子孫であることが起源で、現在の滋賀県にあたる近江国蒲生郡が発祥となります。
他にも山形県には、「色部」、「小粥」、「昆布谷(こんぶや)」、「似鳥(にとり)」、「降矢」、「古屋敷」など、珍しい苗字が多くあります。
また、「東海林」とかいて「とうかいりん」と読むのは山形県だけであることも、珍しい特徴になります。

free space


最近の投稿