青森県・珍しい苗字ランキング

青森県で多く見られる苗字は、1位から順に「工藤」「佐藤」「佐々木」「木村」「成田」となります。
藤原系の武士に由来するとされる「工藤」が最上位に来るのは、全国的にも珍しいことです。

rapture_20131209174737

また、青森県らしい、珍しい苗字には「石亀」「十日市」「大鰐」などがあります。

「石亀」という苗字は、青森県だけでなく福島県・宮城県・岩手県でも見られるもので、「陸奥国三戸郡石亀村」が起源であるとされています。
石亀の「石」は、硬い石や岩、つまり、固い地盤であったことを示すもので、石亀村の土地の特徴を現わしているものになります。

次に「十日市」という苗字は、石亀と同じように福島・宮城・岩手県でも見られる苗字です。

「陸奥国三戸郡十日市村」が起源となっているものですが、現在では、青森県八戸市で多く見られる苗字となります。

最後に「青森県南津軽郡大鰐町」を起源とする「大鰐(おおわに)」という苗字は、青森県弘前市で多く見られる苗字です。
本来、大きな阿弥陀如来像があることに由来するもので「大阿弥陀(おおあみだ)」と呼ばれるようになり、その後、「大鰐」に変化したものです。

青森県には、他にも「小比類巻(こひるいまき)」「御厩敷(おんまやしき)」など、特徴的な苗字が多く見られる点に特徴があります。

free space


最近の投稿