愛媛県・珍しい苗字ランキング

愛媛県で上位にランキングされる苗字は、「高橋」「村上」「越智」になります。
「越智(おち)」という苗字が珍しく感じますが、神武天皇に仕える饒速日命(にぎはやひのみこと)の子孫、越智国造を祖先に持つものです。

rapture_20131209173047

また、愛媛県に見られる珍しい苗字については、「西園寺(さいおんじ、さいえんじ)」「粂野(くめの)」「斧(おの)」などがあります。

「西園寺」は、藤原氏の流れをくむもの、愛媛県で栄えた西園寺家を祖先とするものの2種類があるとされています。

また、「粂野」の「粂」は「久+米」による国字(中国以外で作られた漢字体の文字)になります。
一般には、あまり収穫量が多くない土地に住む者に与えられた苗字になります。

さらに、「斧(おの)」は愛媛県に多く見られる苗字ですが、本来は、滋賀県の近江国滋賀郡小野村を起源とすると考えられています。
また、他の都道府県でも見られることがありますが、職業を現わす苗字である場合(斧を造っていた)と土地の態様(=小野)を現わす場合とがあります。

他にも、愛媛県には、「明比(あけひ)」「十亀(とき)」「蝶野(ちょうの)」「帽子(ぼうし)」など、数多くの珍しい苗字があります。

free space


最近の投稿