岡山県・珍しい苗字ランキング

岡山県に上位にランキングされている苗字は、「山本」「藤原」「三宅」などになります。
特徴的なのは「三宅」という苗字が3位にランキングされている点で、三河田原城主三宅氏を祖先に持っている苗字になります。

rapture_20131209172959

逆に岡山県で見られる珍しい苗字では、「永幡(ながはた)」「鳥家(とや)」「久保木(くぼき)」などがあります。

「永幡」という苗字は、岡山県美作地区に多く見られますが、美作国勝田郡梶並村の赤松という有名氏族を祖先に持つものです。
「幡」は、本来、仏や菩薩の力を示すための荘厳具として使われる布のことですので、職業に関連した苗字であると推測できます。

また、「鳥家」という苗字についても、「鳥屋」が起源になっていると言われています。岡山県でも勝田郡勝央町を中心に見られる苗字ですが、件数は極めて少なくなります。

「久保木」については、千葉県でも多く見られますが、土地の態様を示す苗字になります。
「窪地」「窪み」のある土地であったことが由来となり、備前を中心に見られるものです。

岡山県では、この3つの苗字以外にも、「十六原(いさはら)」「日外(あくび)」「小銭(こぜに)」「泥(どろ)」など、珍しい苗字を見ることができます。

free space


最近の投稿