広島県・珍しい苗字ランキング

広島県で上位にランキングされる苗字は、「山本」「藤井」「田中」の順になります。
2位にランキングされている「藤井」という苗字は、中国地方全体で多く見られ、備前国邑久郡藤井(岡山県岡山市)を起源としているものです。

rapture_20131209172737

また、「背戸土井(せとどい)」「後久保(せどくぼ)」「後原(せどはら)」など、「せと・せど」とつく場合が多く、珍しい苗字が多く見られます。

広島県で見られる珍しい苗字では、「中須賀(なかすか・なかすが)」「杉之原(すぎのはら)」「垰田(たおだ・たおた)」などがあります。

「中須賀」は、本来、愛媛県の「伊予国風早郡中須賀村」が起源となる苗字ですが、広島県の安芸地区に多く見られます。

また、「杉之原」は、広島県東部を起源とする苗字ですが、桓武天皇の子孫に関連する姓である、という説もあるようです。
広島県福山市を中心に多く見ることができます。

そして、「垰田」は、島根県・石見の氏族を起源とする苗字ですが、広島県に多く見られる苗字です。「垰」は「峠(とうげ)」を現わしていますので、土地の特徴が苗字になったものと推測できます。

他にも、広島県には「梵(そよぎ)」「茸谷(なばたに)」「風呂中(ふろなか)」など、珍しい苗字を見ることができます。

free space


最近の投稿