香川県・珍しい苗字ランキング

香川県で多く見られる苗字は、「大西」「田中」「山下」などになります。
「大西」という苗字が最も多くなりますが、本来は徳島県(徳島県三好市池田町)を起源とするものです。
戦国時代に大西頼武に勢いがあり、四国全体に「大西」という苗字が広がったとされています。

rapture_20131209173114

一方、香川県に見られる珍しい苗字は、「木太(きた)」「由佐(ゆさ)」「猪木原(いのきはら、いきはら)」などがあります。

「木太」は、現在の香川県、讃岐国山田郡木太村を起源とする苗字で、香川県全体で見ることができます。

また、「由佐」についても、香川県の「讃岐国香川郡由佐村」を起源とします。足利尊氏の部下である益子下野守顕助の子、弥次郎秀助が香川県に移り住んだのが「由佐」の起源となります。

そして、「猪木原」という苗字は、香川県が発祥となる苗字ですが、猪が多数生息していたことが由来となるものです。

香川県の苗字は、徳島県・愛媛県などと似ているとされていますが、「合田」を「ごうだ」と読んだり、「香西」「玉井」「平尾」姓が多いのも特徴的です。

他にも、「九郎座(くろうざ)」「五所野尾(ごしょのお)」「新茶(しんちゃ)」など、珍しい苗字を見ることができます。

free space


最近の投稿