高知県・珍しい苗字ランキング

高知県で上位にランキングされる苗字は、「山本」「小松」「山崎」になります。
高知県に「小松」という苗字が多くあるのは、かつて平重盛の長男、平維盛が「小松」を名乗ったことが由来となります。

また、高知県には「西原」という苗字も多くありますが、「にしはら」ではなく「さいばら」と読む点に特徴があります。

rapture_20131209172959

一方、高知県に見られる珍しい苗字に、「海老川(えびかわ)」「美崎(みさき)」「朴木(ほうのき)」などがあります。

「海老川」は、高知県室戸市に多数みられる苗字ですが、高知県以外にも福島県・宮城県・岩手県などにも多く見られるものです。
これは、海老がよくとれる川があることに由来し、その土地の特徴が苗字になっているものです。

また、「美崎」という苗字は、「岬」がある土地を現わすものです。「美崎」という姓は、兵庫県南西部でもよく見られます。

そして、「朴木(ほうのき、そくもく、ぼくぎ等)」は、モクレン科の「ホウノキ」があったことから付けられた苗字です。
高知県だけでなく、三重県や神奈川県北部にも見られるものです。

高知県には、これらの苗字以外にも「甲藤(かっとう)」「一円(いちえん)」「目代(さかんだい)」など珍しいものが多くあります。

free space


最近の投稿