島根県・珍しい苗字ランキング

島根県に多く見られる苗字は、「田中」「山本」「佐々木」になります。日本では比較的少ない「佐々木」という苗字が含まれていますが、滋賀県蒲生郡安土町にルーツのある苗字です。
「笹」などをイメージすると思いますが、「佐々木」の由来は「酒の器」で「ささき」となります。

rapture_20131209174718

逆に島根県で見られる珍しい苗字には、「吹金原(ふきんばら)」「帯刀(たてわき、おびなた等)」「奈義良(なぎら)」などをあげることができます。

「吹金原」という苗字は、「製鉄」をする「広大な土地」を意味しています。出雲地方は、古くから製鉄が盛んに行われていた地域で、かつて「鉄」を「金」と書いていたことが「吹金原」の由来です。

また、「帯刀」は、鎌倉・室町時代において、将軍が参内・社参をするときに刀を持ってお伴をする仕事からついた苗字です。
「帯刀」は、清和天皇の子孫に多くついている苗字でもあります。

そして、「奈義良」という苗字は、現在の鳥取県、伯耆国が起源となるものです。兵庫県や島根県でも「奈義良」という苗字を見ることができますが、その起源は鳥取県になります。
島根県には、他にも、「欠間(がんま)」「味(あじ)」「印(いん)」などの珍しい苗字を見ることができます。

free space


最近の投稿