徳島県・珍しい苗字ランキング

徳島県らしい苗字といえば、「新居」と書いて「にい」と読んだり、吉野川流域に見られる「板東(下流)」「坂東(上流)」などになります。
他の都道府県と同じように、「佐藤」「吉田」という苗字が多くなりますが、2番目に「近藤」が多いのも特徴的です。

rapture_20131209172928

逆に、徳島県で見られる珍しい苗字には、「大古」「為実(ためざね)」「清(きよ、きよし)」「杣友(そまとも)」などがあります。

「大古(おおこ、おおご)」という苗字は、徳島県で多く見られますが、多子、大胡とともに、和歌山県、あるいは群馬県を起源に持つ苗字です。

「為実」は、徳島県三好郡井川町に集中して見られる苗字ですが、徳島県の阿波が起源であるとされています。

また、「清」は、天武天皇の子孫である清原氏に関係のある苗字です。清原の「原」を略して利用された苗字で、宮崎県の日向地区でも見られるものです。

最後の「杣友(そまとも)」は、大阪府でも見ることができる苗字ですが、「為実」と同じく阿波を起源とするものとなります。

徳島県には、これ以外にも「宇和佐(うわさ)」「折目(おりめ)」「唐桶(からおけ)」など、珍しい苗字が多くあります。
また、全国的に多く見られる「三好」という苗字も、徳島県をルーツに持つ苗字となります。

free space


最近の投稿