4.東海・北陸の珍しい苗字

愛知県には、「幅」「戸苅」「樋江井」などの珍しい苗字があります。

逆に、人数の多い苗字のランキングでは、鈴木・加藤・伊藤・山田・近藤の順になり、加藤や伊藤・近藤など、「藤」のある苗字が多い点に特徴があります。

rapture_20131209172939

愛知県には、「幅さん」という苗字がありますが、一般に地名に由来のある苗字です。岐阜県美濃市御手洗や長野県、東京都や神奈川県にも「幅」に関連する地名があり、「幅さん」という方が多くなります。

また、「戸苅さん」という苗字は、三河国碧海郡渡刈村が期限になっているとされていますが、この地は、徳川家を多く輩出した愛知県東部にあります。
「戸苅」は、日下部氏の子孫であるという説もありますが、詳細は分かっていないようです。

そして、愛知県に多くある「樋江井」という苗字は、現在の岐阜県である「美濃」が発祥であるとされています。「日永」「日江井」とともに、愛知県で多く見られる苗字になります。

これらの説明からも分かるとおり、苗字は、その由来となっている地名に関連付けられていることが多くなります。
苗字のルーツをたどってみると、旧天皇の子孫であることが確認できたり、地名の形状や位置などに由来していることなどが確認できます。

岐阜県で最も多くある苗字は、「加藤」で、2位以下は、順に「伊藤」「山田」「林」「渡辺」となっています。
一般に「藤」がつく苗字は、平安時代末期から鎌倉・室町時代にかけての「藤原氏」に関係すると言われていますので、ランキングの上位に来ることも多くなるようです。

rapture_20131209172902

逆に、岐阜県の珍しい苗字には、「日江井」「間」「余語」などがあります。

まず、「日江井」は「ひえい」と読む苗字です。樋江井さんと同じように岐阜県美濃が起源であるとされています。岐阜県内では美濃加茂市鉢屋町に「日江井」という苗字が多く見られます。

次に、「間」という苗字は、「あいだ」「かん」「けん」「とい」「はざま」と読まれる苗字です。一般に「間」という苗字は、山や谷・川などの自然に存在している地形の間の土地、を指していることが多く、岐阜県以外にも滋賀県や高知県などで見られる苗字になります。

また、「余語」という苗字は、「よご」と読みます。岐阜県で多く見られる苗字ですが、そのルーツは「近江国伊香郡余語庄(現在の滋賀県)」であるとされています。
また、東京都や神奈川県埼玉県などでも「余語」という苗字が見られますが、この場合は「小さな集落」のことを意味するそうです。

三重県で多く見られる苗字には、「伊藤」「山本」「中村」などがあります。また、三重県の特徴は、「藤原」という苗字がとくに多く、「水谷」「中西」「稲垣」という苗字も三重県を中心としたものです。

rapture_20131209173036

逆に三重県でみることができる、珍しい苗字については、「崎久保(さきくぼ)」「西世古(にしせこ、にしぜこ)」「二之湯(にのゆ)」などがあります。

「崎久保」という苗字は、三重県南部にある「紀伊」を起源とするものです。現在では、南牟婁郡御浜町下市木に集中して見られる苗字となっています。

次に、「西世古」という苗字は、現在の三重県、伊勢国度会郡世古村を起源とするものになります。「西世古」の由来については諸説あり、はっきりとしたことは分かっていないようです。

最後に、「二之湯」という苗字は、三重県の中でも員弁郡員弁町宇野で多く見ることができます。
現在の三重県である「伊勢」を起源にする苗字であるとされ、温泉がでることでつけられた苗字といわれています。
三重県には、他にも「上ヱ地(うえじ)」「肥満(ひまん)」「天春(あまかす)」「強力(ごうりき)」など、珍しい苗字を見ることができます。
そして、三重県には東日本によくある苗字、西日本によくある苗字が混在している点にも特徴があると言えます。

静岡県では、「鈴木」「渡辺」「山本」などの苗字が上位にランキングされています。
静岡県の上位の苗字にある特徴は、「鈴木」という苗字が非常に多いことです。県民の20人に1人が「鈴木さん」であり、他の苗字よりも大幅にシェアを占めていることが分かります。

rapture_20131209174815

一方、静岡県に見られる、珍しい苗字には「三ツ谷(みつたに、みつや)」「秦(はた、みなと、たい、ちん)」「与五沢(よごさわ)」などがあります。

「三ツ谷」という苗字は、静岡県磐田郡福田町福田に集中して見られる苗字ですが、3つの谷があることが由来となっています。この苗字は、静岡県以外にも滋賀県・岐阜県などで見ることができます。

また、「秦」という苗字は、秦の始皇帝の子孫であることを示すために使われた苗字です。つまり、古代の物部氏などが、自分は秦の始皇帝であることを誇示するために用いられたのが起源になります。
そして、沢の地形に由来する「与五沢(よごさわ)」という苗字も静岡で見られます。
静岡県田方郡韮山町韮山多田で多く見られる苗字ですが、正確な起源は分かっていないものです。
静岡には、他にも「月見里(やまなし)」「浮気(うき)」「百足山(むかでやま)」など、珍しい苗字が多く見られます。

石川県の苗字では、「山本」「中村」「田中」など、他の都道府県でも多く見られる苗字が上位にランキングされています。

石川県の苗字の特徴は、「前田」ではなく「毎田」「前多」と表記していることが多く、これは、前田利家が尾張から加賀に来たときに改姓したものであるとされています。

rapture_20131209174806

石川県の珍しい苗字には、他にも「保志場」「多々見」「生水」などがあります。

「保志場(ほしば)」という苗字は、羽咋市粟生町に多く見られる苗字ですが、「干場(物を乾燥させる場所)」が起源となっているようです。

また、「多々見(たたみ)」という苗字は、その起源が明確になっていません。石川県以外に香川県でも多く見られる苗字ですが、加賀を起源にしているのではないかとされています。

「生水(いずい、しょうず、おみず)」という苗字は、現在の石川県、加賀国江沼郡生水村が起点になるものです。水がきれいである、この地の特徴を表現した苗字となります。
石川県には「生水」だけでなく、「水道」「清酒」など、水に関連する苗字が多く見られる点に特徴があります。

他にも、「四十万谷(しじまや)」「日明(たちもり)」「髭右近(ひげうこん)」など、珍しい苗字を見ることができる地域になります。

福井県に上位にランキングされている苗字は、「田中」「山本」「吉田」の順になります。
福井県に限らず、北陸地方の苗字は「自然に関連するもの」が多い、「松田」と表記して「まった」と読む場合がある点に特徴があります。

rapture_20131209174629

また、福井県で見られる珍しい苗字には、「伊地知(いじち)」「三留(みとめ、等)」「三ツ屋(みつや)」などがあります。

「伊地知」という苗字は、現在の福井県勝山市、越前国大野郡伊地知村を起源とするものです。鹿児島県でも多く見られる苗字ですが、伊地知の領主が室町時代に大隅国(鹿児島県)に移住したことがきっかけとなります。

次に「三留」という苗字は、現在の福井県福井市三留(越前国丹生北郡三留)を起源とする苗字になります。朝倉孝景の七男、朝倉景儀の長男が「三留」を名乗ったことが、この苗字の始まりになります。

そして「三ツ屋」という苗字は、現在、福井県福井市に多く見られます。越前国吉田郡三ツ屋村が起源となる苗字ですが、新潟県にも見られる苗字となります。
また、福井県には、これ以外にも「仕入(しいれ)」「臥龍岡(ながおか)」「明珍(みょうちん)」「髭分(ひげぶ・ひげわけ)」など、珍しい苗字を見ることがあります。

富山県で上位にランキングされる苗字は、「山本」「林」「吉田」の順になります。
一般に「佐藤」「鈴木」という苗字が上位に来ることが多いものの、富山県では上位20位にも入っていません。

rapture_20131209173017

また、富山県の中でも新湊市に珍しい苗字が多く、「海老江(えびえ)」「浄土(じょうど)」「菓子(かし)」などをあげることができます。

「海老江」という苗字は、現在の富山県、越中国射水郡海老江村が起源であるとされています。
また、同じ「海老江」という苗字でも静岡県西部、新潟県、茨城県を起源に持つ場合もあり、富山県の「海老江」とは異なる場合があります。

また、「浄土」については、越中国射水郡浄土寺村が起源になります。富山県黒部市に多く見られる苗字で、寺院に関連する由来があると推測されています。

そして、「菓子」という苗字は、富山県射水市に集中してみられるものです。詳細は分かっていないようですが、「菓子職人」「鍛冶」などに由来するのではないかと考えられています。

富山県には、この他にも「旅屋(たびや)」「三盃(さんばい)」「仙人(せんにん)」「魚(さかな)」「波(なみ)」「飴(あめ)」など、非常に珍しい苗字が多く見られます。

free space


最近の投稿