3.信越の珍しい苗字

山梨県に多く見られる苗字は、「渡辺」「小林」「望月」などがあります。「望月」という苗字は、信濃国佐久郡望月を起源とするもので、信濃の古代豪族の流れをくむものであるとされています。

rapture_20131209172959

逆に、山梨県らしい珍しい苗字には、「神宮寺」「壷屋」「倉科」などがあります。

「神宮寺(じんぐうじ)」は、現在の山梨県甲斐が起源の苗字です。清和天皇の子孫である「清和源氏」が「神宮寺」という苗字を使い始めたと言われています。

また、「壷屋」という苗字を山梨県で見ることがありますが、本来は、大阪府・兵庫県の一部である摂津国の氏族が使用していたものです。現在では、山梨県北巨摩郡須玉町若神子に多数みられる苗字ですが、職業が元になっている苗字になります。

そして、「倉科(くらしな、くらなし、くらとし、くらか)」という苗字は、現在の山梨県、甲斐国山梨郡倉科村を起源とするものです。「倉科」という苗字は、山梨県だけでなく長野県でも見られますが、清和天皇の子孫と関係のある苗字、とされています。

他にも、山梨県には「貴家(さすが)」、「流石(さすが)」、「名執(なとり)」、「湯船(ゆぶね)」、「鷹左右(たかそう)」など、珍しい苗字が多く見られます。

長野県の上位にランキングされる苗字は、「小林」「田中」「中村」の順になります。
他の都道府県と異なっているのは、「小林」という苗字がとくに集中してみられる点です。

長野県の苗字の特徴は、地理的なことに由来する「沢」の字が付いたものが多いことです。

rapture_20131209174629
逆に、長野県でみられる珍しい苗字には、「笹平(ささひら、ささだいら)」「刺刀(しとう)」「長名(おさな)」をあげることができます。

まず、「笹平」という苗字は、現在の長野県、信濃国水内郡笹平村を起源とするものです。鹿児島県にも「笹平」という苗字が見られますが、笹のある平坦な地形を現わしたものと考えられます。

また、「刺刀」は「刀を刺す」と表記しますが、一般には「地頭(鎌倉・室町時代の公領を管理する職)」から来るものと考えられています。
全国に30件程度しかない苗字ですが、職名に由来する、非常に珍しい苗字になります。

そして、「長名(おさな)」という苗字は、現在の長野県・越後国を起源とするものです。「長(おさ)」は、筆頭者・リーダーであることを意味する字ですので、何らかの役職に由来する苗字であると考えられます。

他にも長野県には、「善財(ぜんざい)」「砥石(といし)」「昼神(ひるがみ)」などの珍しい苗字を見ることができます。

新潟県の苗字ランキング・上位に登場するのは、「佐藤」「渡辺」「小林」など、他県と同じような苗字になります。

rapture_20131209173055

逆に、新潟県らしい苗字には、「味方」「久保埜」「渡部」などがあります。

まず、「味方(あじかた)」という苗字は、新潟県西蒲原郡を起源とする苗字です。「味」は味覚の「味」を表現するものではなく、本来、くずれた土地を表現する字になります。「味」という字が付く苗字は、新潟県だけでなく、神奈川県・北海道にも見られるものです。

次に、「久保埜(くぼの)」という苗字は、久保野と同じく、新潟県西頸城郡名立町瀬戸に多く見られる苗字です。「久保」は窪地を現わし、「埜(野)」は広い土地であることを意味するものです。

そして、最後の「渡部」は、全国的にも多く見られる苗字ですが、新潟県では「わたなべ」ではなく「わたべ」と読むケースが多くなります。「渡部」を「わたべ」と読むのは、新潟県の他に東京都でも多くなります。
「渡部」という苗字は、「渡辺」と起源を同じくし、朝鮮半島から渡来してきた部族であるとされています。

新潟県には、これらの珍しい苗字以外にも「五十山田(いかいだ)」「日馬(くさま)」「飯酒盃(いさはい)」「日馬(くさま)」「捧(ささげ)」など、個性的な苗字を見ることができます。

free space


最近の投稿