7.九州・沖縄の珍しい苗字

熊本県で上位にランキングされる苗字には、「田中」「中村」「松本」などがあります。
一見、際立った特徴がないようにも感じますが、熊本県には「井(い)」「紀(き)」など、表記も読みも1字である、極端に短い名前が多いことも特徴となります。

rapture_20131209173055

また、「小山」と書いて「おやま」と読んだり、「上村」を「うえむら」と読むなど、他の都道府県と異なる読みがあることも特徴的です。

そのような熊本県に見られる珍しい苗字には、「加世田(かせだ、かせた)」「宇ノ木(うのき)」「柚留木(ゆるき、ゆるぎ)」などがあります。

「加世田」は、現在の鹿児島県にあたる「薩摩国川辺郡加世田」が起源になるものです。「加世」は「痩せた土地」を意味するもので、土地の特徴が苗字になったものであることが分かります。

次に「宇ノ木」という苗字は、「鵜ノ木」「卯ノ木」と表記されることもありますが、すべて筑後地方(現在の福岡県)を起源とするものです。
広大な土地と沼や河川がある地域で見られる苗字になります。

そして、「油留木」とも表記される、「柚留木」については、熊本県下益城郡砥用町で見られる苗字です。
起源については明らかではありませんが、現在の滋賀県を起源とするという説もあるようです。

宮崎県で上位にランキングされる苗字は、「黒木」「甲斐」「河野」になります。
他の都道府県に多く見られる苗字とは異なり、宮崎県東臼杵郡美郷町北郷区を起源とする、「黒木」という苗字が圧倒的に多い地域です。

rapture_20131209173036

これに対して、宮崎県の珍しい苗字には「内枦保」「下り藤」「比恵島」などがあります。

「内枦保(うちへぼ)」は、日向を起源にするといわれている苗字ですが、都城市で多く見られます。「内」は内側の土地を現わし、「枦」は、ウルシ科のハゼノキを現わしたものです。

また、「下り藤(さがりふじ)」は、小林市東部で多く見られる苗字です。「下り」は高低差のある土地のふもとを現わし、「藤」は藤や葛があったことを示しています。

そして、「比恵島(ひえじま)」は、宮崎郡佐土原町上田島で見られる苗字です。一般に「比恵」は神様を表現するものであり、「島」は一定の小さな地域を表現するものです。
つまり、神様の存在する小さな集落にいた人々が「比恵島」と名乗り出したのが起源ではないかと考えられています。

宮崎県には、他にも「男成(おなり)」「京牟礼(きょうむれ)」「砂糖元(さとうもと)」「五六(ふのぼり)」など、珍しい苗字が多くある地域になります。

沖縄県で多く見られる苗字には、「比嘉」「金城」「大城」などがあり、他の都道府県とはまったく傾向にあることが分かります。
沖縄県に珍しい苗字が多いのは、かつて沖縄県に侵攻した薩摩藩により、「大和めきたる名字の禁止」の通達が出されたことがきっかけとなります。
この通達が出されたことにより、「船越」は「富名腰」、「前田」は「真栄田」など、強制的に苗字を変更させられたことによるものです。

rapture_20131209172928

沖縄県でとくに珍しい苗字には、「嵩田(かさだ、たかだ)」「喜島(きじま)」「亀甲」などがあります。

「嵩田」という苗字は、北条氏族に由来を持つ苗字です。沖縄県以外の都道府県にも「嵩田」という苗字がありますが、その場合は、現在の静岡県伊豆国田方郡大平邑が発祥となっているもので、沖縄県の「嵩田」とは異なる由来をもつものです。

次に「喜島」という苗字は、沖縄県以外にも鹿児島県南部・奄美地域で見られるものです。
明確な起源は分かっていませんが、鹿児島から沖縄県に移住して広まったものと思われます。

最後に「亀甲(かめこう、きっこう、きこう)」という苗字は、本来、熊本県にルーツがある苗字です。
現在の熊本県である肥後国玉名郡亀甲村が「亀甲」の由来となります。

佐賀県に多く見られる苗字は、「山口」「田中」「古賀」などになります。
佐賀県は、長崎県とともに肥前国であったことから、苗字の特徴が長崎県と似ている、という特徴があります。
また、佐賀県の苗字には「田中丸」「市丸」など「丸」で終わる苗字が多くありますが、大きな屋敷を持つ名家であることが多くなります。

rapture_20131209172939

佐賀県に見られる珍しい苗字には、「中元寺(ちゅうがんじ)」「三井所」「多以良」などがあります。

「中元寺」という苗字は、佐賀県に多く見られるものですが、本来は、大分県北部にあった「豊前国田川郡中元寺村」を起源とするものです。

また、「三井所」という苗字は、佐賀県の中でも神埼郡に多く見られるものです。

そして、「多以良」という苗字も佐賀県に多く見られますが、「多々良(たたら)」と同様に佐賀県らしい苗字であると言えます。

また、佐賀県だけに多く見られる苗字に、「副島」「大串(おおぐし)」「横尾(佐賀・長崎県)」などがあり、地域によって特有の苗字が集中していることも珍しくありません。

他にも、「合六(あいろく)」「蘭(あららぎ)」「黒髪(くろかみ)」「袈裟丸(けさまる)」など、とても珍しい苗字が多く見られる地域であると言えます。

鹿児島県で多く見られる苗字には、「中村」「山下」「田中」などがあり、他の都道府県と大きく異ならない内容になります。
鹿児島県の苗字の特徴は、他の都道府県が「本」と書くところを「元」と表記していること、たとえば、「山元」「福元」「坂元」などです。
また、上位5位に「東」という苗字があるのも、珍しい特徴となっています。

rapture_20131209172928

逆に鹿児島県で見られる珍しい苗字には、「諏訪園(すわぞの)」「中塩屋(なかしおや)」「嶽(たけ、だけ等)」などがあります。

「諏訪園」という苗字は、薩摩を起源とする苗字で、現在の鹿児島県、薩摩地域で多く見ることができる苗字です。「園」とつく苗字が多いのも、鹿児島県の苗字の特徴となっています。

次に「中塩屋」という苗字は、大隅を起源とすると言われているものです。現在では、鹿児島県鹿屋市(かのやし)に多く見られる苗字ですが、職業から付けた苗字であると推測できます。

最後に「嶽」という苗字は、現在の鹿児島県(薩摩国日置郡嶽村)を起源とするものです。鹿児島県揖宿郡に多く見られる苗字ですが、岩の多い地域を現わしているものです。

他にも「幸福(こうふく)」「素麺(そうめん)」など、鹿児島県には珍しい苗字が多くあることが確認できます。

大分県に多くある苗字は、「佐藤」「後藤」「河野」になります。
大分県は、かつて源義経に味方した緒方家の領地を源頼朝に没収されています。その結果、関東の御家人に土地を支配されることになり、東日本に多くある苗字の人が多くなります。

rapture_20131209174650

また、大分県で珍しい苗字には、「轟」「太郎良(たろうら)」「瓜生田(うりうだ)」などがあります。

福岡県の一部を含む豊前で多く見られる、「轟(とどろき)」という苗字があります。
「轟」の起源は明確になっていませんが、「雷の多く発生する場所」について「轟」という漢字をあてているものと考えられています。

次に、「太郎良」という苗字については、正確な起源が分かっていませんが、「太郎」という人の名前に由来するものであると考えられています。
また、大分県だけでなく、福岡県にも「太郎良」という苗字が多いようです。

そして、「瓜生田」という苗字は、現在の大分県、豊後国大分郡瓜生田村を起源にもつものです。
大分県内だけでなく、兵庫県神崎郡にも多く見られる苗字となります。
また、大分県には「久多良木(くたらぎ)」「熊埜御堂(くまのみどう)」「小犬丸(こいぬまる)」「肉丸(にくまる)」など、とくに珍しい苗字が多いことも特徴となります。

長崎県で最も多い苗字は「山口」です。「田中」「中村」と続きますが、「佐藤」や「鈴木」は10位以内にランキングされていません。
「山口」という苗字は、かつて「やまのくち」と読まれていたもので、佐賀県、長崎県に非常に多い苗字になります。

rapture_20131209174616

また、長崎県には珍しい苗字も多くあり、「須加崎」「空閑(くが、くか等)」「姉川(あねかわ、あねがわ)」などをあげることができます。

「須加崎」という苗字は、現在、長崎県佐世保市に多く見られる苗字ですが、肥前を起源にしているとされています。

また、「空閑」という苗字は「久我」「玖珂」などと表記されることもありますが、主に大村藩のあった地で使われている苗字になります。この苗字は、長崎県だけでなく、佐賀県や福岡県でも見ることができるものです。

そして、「姉川」という苗字は、現在の佐賀県神埼郡にあたる、「肥前国神崎郡姉川村」が起源であるとされています。
また、長崎県には、「七種(さえぐさ)」「舎利倉(しゃりくら)」「毎熊(まいぐま)」「嬉野(うれしの)」など、珍しい苗字が多くあります。
そして、「姉川」「嬉野」など、佐賀県の地名に由来する苗字も多くある点に特徴があります。

福岡県で多く見られる苗字には、「田中」「中村」「古賀」などがあります。
なかでも「古賀」という苗字は、福岡だけでなく隣県である佐賀県でも上位に登場するものとなります。

rapture_20131209173036

逆に、福岡県で見られる珍しい苗字については、「五郎丸(ごろうまる)」「稲員(いなかず)」「興梠(こうろぎ、こうろき等)」などがあります。

「五郎丸」という苗字は、福岡県、山口県、広島県でも見られますが、福岡県北部にあった「筑前国那珂郡五郎丸」を起源とするものです。
「丸」というのは、この地域の特徴的なネーミングによるもので、「五郎」というのは「ゴロゴロ」を「五郎」と表現したものです。
つまり、石や岩などがゴロゴロしている地域なので、「五郎丸」としたのが苗字の由来です。

次に、「稲員」という苗字は、福岡県八女郡広川町で多く見られる苗字です。福岡県南部の「筑後国高良山社家」が起源であるとされていますが、詳細なことは分かっていないようです。

最後に、「興梠」という珍しい苗字を見ることができます。「こうろぎ」と読む場合もありますが、本来の由来は「神霊の宿る木」という意味になります。

福岡県では、これら以外にも、「不老(ふろう)」「波呂(はろ)」「無敵(むてき)」など、珍しい苗字を見ることができます。

free space


最近の投稿