5.近畿の珍しい苗字

京都府に見られる苗字で上位にランキングされているのは、「田中」「山本」「中村」などになります。
京都府は、歴史上の建物も多くあり、珍しい苗字が多くあると思われがちですが、オーソドックスな苗字がほとんどになります。

rapture_20131209173017

京都府で珍しいとされる苗字では、「橋(はし)」「舌(ぜつ)」「佐田(さた、さだ)」などがあります。

まず「橋」という苗字は、現在の大阪府南西部にルーツをもつものです。「橋本」など、橋の付く苗字は、商業・政治において重要な拠点であることを示すもので、そこに住んでいた人に与えられた苗字であることが多くなります。

また「舌(ぜつ)」という苗字も見られますが、京都市左京区にある貴船神社の神官が利用しだしたものです。人間は、舌によって重要なことを説くこともできる一方、災いをもたらすこともある、というのが由来になるそうです。

最後に、「佐田」という苗字は、「狭い田んぼ(狭田)」が由来となっている苗字で、京都府以外の都道府県でも見ることがあります。
一般に清和天皇を祖先に持つ苗字であるとされているものです。

他にも、京都府には「六人部(むとべ)」「物集女(もずめ)」など、いくつかの珍しい苗字を見ることができます。

滋賀県には、「田中」「山本」「中村」などの苗字が上位にランキングされています。滋賀県の苗字の特徴は、「藤井」「松井」ではなく「居」を用いた「藤居」「松居」などの苗字が多く見られる点です。

rapture_20131209172939

逆に滋賀県で見られる、珍しい苗字には「巽(たつみ、すぶる等)」「洞(ほら、ほこら)」「善利(ぜんり)」などがあります。

「巽」は、東南の方角を現わす漢字ですが、かつて、軍事・刑罰を担当した物部の伴造が起源になっているとする説が有力になります。滋賀県だけでなく、和歌山県・三重県・大阪府などでも多数みられる苗字になります。

次に「洞」という苗字は、漢字の意味のとおり、「穴のあいている場所、掘られた場所」を意味するもので、滋賀県だけでなく和歌山県でも見ることができる苗字になります。

最後に「善利」という苗字は、現在の滋賀県、近江国犬上郡善理庄を起源とするものです。足利氏の末裔であるとされますが、「足(=悪し)」を連想することから「善」に置き換え、「善利」という苗字が出来たとされています。

滋賀県には、他にも「疋田(ひきた)」「犬童(いぬどう)」「八耳(やつみみ)」「明保野(あけぼの)」「有馬殿(ありまでん)」など、珍しい苗字が多く見ることができます。

大阪府に多い苗字は、「田中」「山本」「中村」などになります。
大阪府で見られる苗字の特徴は、「谷」の付く苗字が多く、「小間物谷」「岸和田谷」など、屋号に由来する苗字も多くなります。

rapture_20131209174622

大阪府で見られる珍しい苗字については、「衣笠(きぬがさ、いがさ等)」「堀之内(ほりのうち、ほりうち)」「九鬼(くき)」などをあげることができます。

「衣笠」という苗字は、大阪府だけでなく、京都府南部でも多く見られるものです。本来、現在の京都府(山城国葛野郡衣笠殿)が起源となっていることが、その理由であると考えられます。

「堀之内」については、建物の周囲の壕(ごう)に由来するもので、職業に関連する苗字であることが分かります。
また、「堀之内」という苗字は、大阪府だけでなく、鹿児島県をはじめとする、他の都道府県でも見られることがあります。

そして、3つ目の「九鬼(くき)」という苗字は、大阪府をはじめ、和歌山県、三重県南部でも見られる苗字です。「九鬼」というのは「たくさんの鬼が存在する場所」、つまり、山の洞穴や岩山などに付けられる地名で、それが元になった苗字であると考えられます。

大阪府には、他にも「〆田(しめた)」「時子山(とこやま)」など、珍しい苗字が多く見られます。

和歌山県に多い苗字は、「山本」「田中」「中村」などになります。

和歌山県らしい苗字には、「玉置」「榎本」「湯川」などがあり、珍しい苗字に「笹(ささ)」「山根木」「神風」をあげることができます。

rapture_20131209172959

「笹」という苗字は、宇多源氏を起源にもつもので、和歌山県だけでなく、三重県や東北地方などでも見ることがあります。

また、「山根木」という苗字は、和歌山県伊都郡かつらぎ町に集中して見られ、大きな木の根が存在していたことが由来となります。
正確な苗字の由来は分かっていませんが、紀伊を起源とするのではないかとされている苗字になります。

そして、和歌山県には「神風」という珍しい苗字があります。
風の神様の伝説がある地域、特徴的な風の吹き方がある地域であることが由来となります。この苗字は、和歌山県だけでなく、愛知県・秋田県にも見られます。
和歌山県・愛知県・秋田県のどれが起源となっているか、という議論もありますが、それぞれ独立して生まれた苗字であるとする見方が有力になります。

和歌山県には、このように珍しい苗字がありますが、これ以外にも「恋中(こいなか)」「毘舎利(びしゃり)」「鳴神(なるかみ)」など、多くの珍しい苗字を見ることができます。

奈良県で多く見られる苗字には、「山本」「田中」「吉田」などがあります。関西地区に共通していえることですが、「山本」「田中」が多く、「佐藤」「鈴木」が少ないのが特徴的です。

rapture_20131209174650

また、奈良県で見ることができる珍しい苗字では、「脇(わき)」「室(むろ、むろまさ、しつ等)」「南出(みんで、みなみで、みないで)」などをあげることができます。

まず、「脇」という苗字は、藤原氏をルーツにもつ苗字になります。
「脇」という漢字だけでなく、「和気」「和木」などとなっていることもありますが、その起源は「脇」と同じものとなります。

また、「室」という苗字も、奈良県で見ることができる珍しい苗字です。「室」についても、藤原氏をルーツにもつ苗字で、藤原鎌足が天智天皇から賜ったことが起源となります。

最後は「南出」という苗字です。奈良県でよく見かける珍しい苗字ですが、その起源は、現在の大阪府(和泉国大鳥郡南出村)になるとされています。
これ以外にも、後醍醐天皇が吉野に逃亡したことをきっかけとする「王隠堂(おういんどう)」を始め、「米虫(こめむし)」「曽路利(そろり)」「西隠居(にしいんきょ)」などの珍しい苗字があります。

兵庫県に多く見られる苗字には、「田中」「山本」「井上」などがあります。
しかし、兵庫県は、かつて摂津・但馬・播磨・淡路・丹後の5つの国が存在していたことから、兵庫県に特徴的な苗字というのは少なくなります。

rapture_20131209172707

兵庫県で見ることができる珍しい苗字には、「前(まえ、すすめ、すすむ等)」「冨士原(ふじはら、ふじわら)」「宇野」などがあります。

「前」という苗字は、兵庫県だけでなく、広島県や和歌山県でも見ることができるものです。
一般に「前」という苗字は、物の位置関係を現わすもので、隼人族(薩摩半島に居住していた一族)が用いていたものです。

また、「冨士原」という苗字は、「藤原」の異形であると考えられます。藤原鎌足が天智天皇から賜ったことが起源になりますが、現在では、兵庫県だけでなく宮城県にも多く見られる苗字になります。

そして、「宇野」という苗字は、播磨国佐用郡宇野郷(兵庫県佐用郡佐用町)を起源とするものです。
「宇」という字は、広大な広さを表現するもので、「野」は野原という意味になります。つまり、「宇野」という苗字は、大きなの腹のある土地、という意味が由来となっているものです。

他にも、兵庫県では「円満堂(えんまんどう)」「不死原(ふじわら)」「松姫(まつひめ)」などの珍しい苗字を見ることができます。

free space


最近の投稿