1.北海道・東北の珍しい苗字

宮城県では、「佐藤」「高橋」「鈴木」など、他の都道府県と同じ苗字が上位にランキングされています。
宮城県の苗字の特徴は、「小山」と書いて「おやま」と読んだり、「菅原」姓が菅原道真の末裔であることなどになります。

rapture_20131209173114

宮城県で見られる、珍しい苗字には、「吉目木(よしめき)」「昆布谷(こぶや、こんぶや)」「南館(みなみだて)」などになります。

「吉目木」という苗字は、宮城県に多く存在しますが、本来、岩手県の陸中を起源とするものであると言われています。「吉」は「葦(あし)」のことを意味しますので「葦のある地域」に付けられた苗字であると推測できます。

また、「昆布谷」は、「昆布屋」が変化したものであると考えられ、屋号が苗字になった典型例となります。現在、宮城県名取市に多く見られる苗字ですが、件数は非常に少なくなります。

そして、「南館」という苗字は、宮城県だけでなく福島県・岩手県などでも見られます。陸奥国八戸南館を起源とする苗字ですが、清和天皇により賜った南部氏族が使い始めたものです。

他にも宮城県には、「螺(さざえ)」「名生(なお)」「陸路(くがし)」など、数多くの珍しい苗字を見ることができます。

岩手県で多く見られる苗字には、「佐藤」「佐々木」「高橋」などがあります。岩手県全体の苗字の特徴は、「蝦夷(こん一族)」がいたことから、「こん」で始まる「今野」「金野」「金」などの苗字が多いことです。

rapture_20131209172959

逆に岩手県にある珍しい苗字には、「田中館」「鳥屋部」「苅間沢」などがあります。

「田中館(たなかだて)」は、福島県・宮城県・青森県にも見られる苗字ですが、陸奥国二戸郡田中館村が起源となる苗字です。
「田」は田んぼや畑を、「中」は中心となっていることを示しています。

次に「鳥屋部(とりやべ)」は陸奥国三戸郡鳥屋部村を起源とする苗字ですが、岩手県遠野市を中心に福島県・宮城県・青森県などでも見られる苗字です。

そして、「苅間沢(かりまざわ)」という苗字は、岩手県南東部で見られる苗字です。「沢」は沢のある地形を現わし、「苅」は稲一束がかりとれる面積を現わしています。
つまり、沢のある小さな面積の集落を起源とする苗字が「苅間沢」ということになります。

岩手県には、「金田一(きんだいち)」「去石(さるいし)」「杣沢(そまざわ)」「中軽米(なかかるまい)」「虫壁(むしかべ)」など、珍しい苗字が多くある点に特徴があります。

秋田県に多く見られる苗字には、「佐藤」「高橋」「佐々木」などがあります。
秋田県の苗字の特徴は、全県民の8%ほどが「佐藤さん」であるほど、「佐藤」という苗字が多いことです。
また、苗字に「谷」がつくことが多く、「○○屋」という屋号が由来となっている苗字が多くあります。

rapture_20131209172718

次に、秋田県でみられる珍しい苗字には、「宇沼(うぬま)」「布袋屋(ほてや、ほていや)」「曲田(まがりた、まがりだ)」などがあります。

「宇沼」は、「鵜沼」となっていることもあり、「鵜」に関わりのある職業、あるいは地名が由来となっているものです。秋田県だけでなく、岩手県や宮城県などでも見られる苗字になります。

また、「布袋屋」という苗字は、秋田県大館市に多く見られる苗字ですが、職業からつけられたものと推測できます。
一般に「谷」という字をあてるのが秋田県の特徴ですが、「屋」のまま使用されている点に特徴があります。

最後は「曲田」という苗字です。土地の形状を現わした苗字であると考えられていますが、秋田県だけでなく、福島県、岩手県、青森県にも見られるものです。

他にも、秋田県には「留目(とどめ)」、「茄川(なすかわ)」、「明珍(みょうちん)」など、珍しい苗字が多くあることが分かります。

山形県に多い苗字は、「佐藤」「高橋」「鈴木」などになります。比較的、他の都道府県と同じような構成になりますが、珍しい苗字が多いのも特徴になります。

rapture_20131209173055

山形県で珍しい苗字といえば、「監物(かんもつ、かんもの、けんもつ等)」「男鹿(おが、おか等)」「磯(いそ)」などをあげることができます。

まず、「監物」という苗字は、中臣鎌足が転地天皇から賜ったとされる苗字になります。現在でいう出納係(監物)の職に就いていた人が利用していた苗字です。

また、「男鹿」という苗字は、山形県ではなく、秋田県南部の羽後国秋田郡男鹿が起源になります。秋田県から山形県にかけて見られる苗字ですが、丘であることが由来となります。
つまり、丘であることに「男鹿」を当てたのが、この苗字の由来になります。

最後に、「磯」という珍しい苗字があります。山形県でも「磯」という苗字が見られますが、本来は、古代磯部の子孫であることが起源で、現在の滋賀県にあたる近江国蒲生郡が発祥となります。
他にも山形県には、「色部」、「小粥」、「昆布谷(こんぶや)」、「似鳥(にとり)」、「降矢」、「古屋敷」など、珍しい苗字が多くあります。
また、「東海林」とかいて「とうかいりん」と読むのは山形県だけであることも、珍しい特徴になります。

青森県で多く見られる苗字は、1位から順に「工藤」「佐藤」「佐々木」「木村」「成田」となります。
藤原系の武士に由来するとされる「工藤」が最上位に来るのは、全国的にも珍しいことです。

rapture_20131209174737

また、青森県らしい、珍しい苗字には「石亀」「十日市」「大鰐」などがあります。

「石亀」という苗字は、青森県だけでなく福島県・宮城県・岩手県でも見られるもので、「陸奥国三戸郡石亀村」が起源であるとされています。
石亀の「石」は、硬い石や岩、つまり、固い地盤であったことを示すもので、石亀村の土地の特徴を現わしているものになります。

次に「十日市」という苗字は、石亀と同じように福島・宮城・岩手県でも見られる苗字です。

「陸奥国三戸郡十日市村」が起源となっているものですが、現在では、青森県八戸市で多く見られる苗字となります。

最後に「青森県南津軽郡大鰐町」を起源とする「大鰐(おおわに)」という苗字は、青森県弘前市で多く見られる苗字です。
本来、大きな阿弥陀如来像があることに由来するもので「大阿弥陀(おおあみだ)」と呼ばれるようになり、その後、「大鰐」に変化したものです。

青森県には、他にも「小比類巻(こひるいまき)」「御厩敷(おんまやしき)」など、特徴的な苗字が多く見られる点に特徴があります。

福島県で多く見られる苗字には、「佐藤」「鈴木」「渡辺」「斎藤」「遠藤」などがあります。全国的にも佐藤さんや鈴木さんという苗字は多く、福島も例外ではないようです。

rapture_20131209174616
これに対して、福島県で見られる珍しい苗字には、「伊勢亀」「三鈷」「太楽」などがあります。この3つの苗字について、順に確認してみることにします。

福島県の珍しい苗字、1つ目は「伊勢亀(いせかめ)」です。
この苗字には、いくつかの起源説がありますが、いずれも伊勢神宮を信仰する地域名に由来しているとされています。福島県の場合は、「岩代」という地域が起源ではないかとされていますが、新潟県を始め、他県でも見られる苗字でもあります。

次に、福島県会津若松市でよく見かける苗字に「三鈷(さんこ)」があります。
この苗字の起源は、確認されていませんが、伊勢亀と同様、「岩代」を起源としているのではないかとされています。

また、「太楽(たいらく)」は、福島県石川郡石川町板橋で多く見られる苗字で、越後国魚沼郡の豪族を起源とするものです。
「太楽」は、福島県だけでなく、新潟県や宮城県の南部にも多数みられる苗字になります。

北海道に多くある苗字は、「佐藤」「高橋」「佐々木」の順になります。
北海道にはアイヌ民族が住んでいることで、珍しい苗字が多いように感じますが、苗字をもたない民族でしたので、アイヌ民俗由来の珍しい苗字は見られません。

rapture_20131209174635

北海道にある珍しい苗字では、「奈良岡」「旭」「苫米地」などをあげることができます。

「奈良岡」という苗字は、北海道ではなく秋田県南部の豪族に起源をもつものです。
北海道だけでなく、青森・秋田・岩手県などでも「奈良岡」という苗字を見ることができます。

また、「旭」という苗字も北海道で多く見られますが、本来は、長野県・信濃にあった有名氏族(木曽氏)を起源に持つものです。
しかし、「旭」という地名は多くあるものの、苗字としては珍しくなります。

「苫米地」についても、東北にあった「陸奥国三戸郡苫米地村」を起源とするもので、福島・宮城・青森・岩手県などでも見られる苗字になります。

また、北海道には「九十三(つくみ)」「一二三(ひふみ)」「七五三木(しめき)」「十(もげき)」など、数字に関する珍しい苗字も多くあります。
なかでも「十(もげき)」については、「木」のはらい部分を「もいだ」形状であることから「もげき」と読むようになったようです。

free space


最近の投稿