「何が違う?」~苗字・氏・姓の違いについて~

私たちは、普段、自分の苗字を意識しないで生活しています。
このサイトでは、都道府県別の珍しい苗字を中心に紹介していますが、県ごとのページを見る前に苗字の基本的な知識を身に付けておくといいでしょう。

rapture_20131209174629

まず、「氏」「姓」「苗字」の違いについて説明します。

氏と姓の違いですが、は、“血縁関係”を表すものであり、一般に天皇から賜ったものが多くなります。
そして、それは、土地の態様や性質を表現するものであったり、与えられた者の職業に関するものであることが多くなります。

これに対して、は、天皇ではなく「朝廷」が個人に与えた“身分を表すもの”です。
684年に制定された「天武の新姓(八色の姓)」では、
・真人(まひと)
・朝臣(あそん)
・宿禰(すくね)
・忌寸(いみき)
・道師(みちのし)
・臣(おみ)
・連(むらじ)
・稲置(いなぎ)
の8種類の身分(位)が定められましたが、奈良時代に入ると、その違いがあいまいになり形骸化してきます。

そのため、「氏」と「姓」の違いを意識する必要がなくなります。
現代においては、「姓」を考える必要はなく、「苗字(名字)」「氏」の区別もされていません。

このサイトについても、氏や姓、苗字の区別を意識せずに楽しめると思います。

  

free space


最近の投稿